miki lyn taylor

多言語で舞い降る
心の旅人
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP -
Contra Dancing!!
Senshuumatsu, umarete hajimete 'contra dance' wo odotta.
tte ittemo, douryou ni sasowareru made ha kiita koto mo nakatta. Folk dance ni niteru, to shika shiranakatta kedo, muryou dashi, odori dattara undou ni mo narushi tanoshisou dakara, to tsuite itta. 'Gender-role free' (seibetsu ha kankei naku, pea ni natte odoru koto) no ibento dato ha kiite ita kedo, jitsu ha maitoshi okonawareru ibento de, gay/lesbian no guru-pu ga shusai suru, zenkoku kara hito ga atsumaru ookina ibento datta. shikamo contra dance dake de naku, country-western to folk dance mo yatte ite, Marriott Hotel no convention hall wo mittsu mo tsukatte okonawareru ookina ibento datta.

motto, shoukibo na atsumari dato omotte ita no de, chotto bikkuri.
tsuitemitara, mirukara ni gay no hito tachi ga josou shitetari, hotel no lobby de te wo tsunaidetari, kisu shitetari.... sousou, nihon dattara konna ippanteki na tokoro de kono koukei wo miruno ha mezurashii kamo shirenai kedo, koko ha america. konnano, futsuu yori atarimae. mada nihon ni somatte iru jibun ni kizuita.

hall ni haitte miru to, minna sude ni tanoshisou ni odotte iru. konna naka ni haioreru wake nai!!! to kimochi no naka de ha shirizoki nagara, shokuba kara atsumatta 15-nin amari no shoshinsha tachi ha yoko-retsu ni natte mite ita. soushitara, nikkori to shita ojichan ga te wo dashi, 'issho ni odorimasen ka? oshiete ageru yo' to nakama no hitori wo sasotte kureta. soko kara nokori no minna mo chotto hotto shinagara, dancer tachi no retsu ni haitta.

kocchi de iu, Folk Dance wo shitte iru hito ni ha wakariyasui kamo. jitsu ni niteiru!!! mazu ha pea ni naru kedo, pea doushi de futatsu no nagai retsu wo tsukuru. saisho no pea ga be-su ni, hoka no pea no hitotachi to koutai shinagara, sono nagai retsu wo idou shite iku. kotoba de ha setsumei shinikui kedo, maa, minna de odoru tte koto dane. saisho ni 'caller' to iu hito ga ugoki wo setsumei shite kureru kedo, amarinimo shoshinsha nano de, zenzen tsuite ikenai!!! demo, shinpai nashi. minna monosugoku shinsetsu de, wakaranai hito ni ha 'tsugi ha asoko no hito no toko ni itte kurukuru mawarundayo' to oshiete kureru. hitotsu no dance ga owaru koro ni ha haahaa to iki ga araku natte ite, ikkyoku kyuukei shinai to ikenai kurai, kurukuru mawattari sukippu shitari suru, tanoshii dance deshita!!!
| my life(舞い人生) | 06:50 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
名古屋公演無事終了 & 重大発表
「女舞イ男踏ム月ニ浮カレテ五夜」名古屋五日間公演がお陰さまで無事終了しました。連れて私の人生の一幕も終了。なんて最高なグランド・フィナーレ!!

今月(5月)23日にアメリカに帰ります。
参加二年目になるフリースクールの旅の通訳。そして北カリフォルニアのある自然保護地区で行われるサマーキャンプでスタッフを務めることになった。多様性を尊重しながら大地と繋がる活動を50年以上も続けてきたHidden Villaでの二ヶ月にわたるキャンプ。そして久しぶりに両親とゆっくりした時間を過ごしたいと思っている。半年近い帰省になります。

でもそこにはまた新たな要素が現れた。
私は一つの魂の意思によって母親になる使命を授かったのだ。

なので、もしかしたらずっとアメリカで暮らす選択をするかも。
でももしかしたら日本での出産・生活を選ぶかも。
まだ未定です。

やっぱり人生は読めない。
全てが未定。
それは不安を伴うこともあり、生きがいを感じさせることもある。
どっちにせよ、私は生きている。
今はそれを、全身で実感している。

| my life(舞い人生) | 04:35 | comments(20) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
未来は瞬間瞬間で創造されていく
だから何が起こるか読めるはずないんだ。
「不安」ということばは、未来が読めなくなると使う言葉。
でも未来は無限だから未定でいいんだ。
何も不安に思う必要はないんだ。


4.16.05伽奈泥庵
4月16日 伽奈泥庵 djalu night 写真:邪王院 弘

| my life(舞い人生) | 00:00 | comments(11) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
おまけ
| my life(舞い人生) | 20:12 | comments(4) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
岩塩と夜桜

今日は急な依頼を受けて久々に舞うことになった。
あはははは。ちょっと偉そうに言ってみました。すみません!

堺市の土塔庵で、北田孝之さんという岩塩彫刻家の展示会のオープニングイベントがありました。福本卓道さん(尺八)と南澤靖浩さん(シタール)が音楽の演奏をするということで、私と伊織とで飛び入り参加しちゃいました。

 
 

写真の中でオレンジ色の光を照らしているのがヒマラヤ岩塩の彫刻。
最初、外に展示されていた彫刻を太陽の光で見たとき、「キレイなローズクォーツだぁ!」と言ってしまったが、本当に綺麗なピンク色だったのよ!!
そして電気でライトアップされるとポワ〜ンと暖かいオレンジ色になるの!本当に塩だと思えない美しさ!

この岩塩の彫刻に囲まれながら卓道さんの尺八と南澤さんのシタールの旋律に包まれ、おそらく明日の雨と共に降り散るだろう桜のように舞った。
あ、またかっこつけたこと言ってしまった(^。^;)
でも、ほんっとうに、気持ちがよかった♪。
20分があっという間、不完全燃焼でした。

その分、最近過食症の私は喰いました。あはは。



その後、伊織と伊織の友達と三人で桜ノ宮で花見をした。
昼間の桜もキレイだけど、夜桜もいいね〜!!
私、日本に来て9年目にして、今年初めて「花見」をしたよ。
しかも、二日連続で!!
誘ってくれたつぼりんと伊織に感謝です☆

すごい。日本を離れる前にするべきことの一つを偶然(必然??)的にやることになった。次は誰に何に誘われるかな〜??
 
| my life(舞い人生) | 23:23 | comments(1) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP -
the next stage
* 内側に有るモノ。
外側に表れる形。
双方が合わさって心が動かされる。
それによって「真実」を追求する私。*

1月15日(土)、姫路の「灘菊酒造西の蔵」にて、桂 勘の指導の指導による「吟醸舞踏」という公演が行われた。
御神酒のエッセンスをよ〜く沁み込ませた酒蔵の二階が舞台。

私の作品は「真実」。
私は桂 勘さんにつけていだいた振り付けを舞った。
勘さんが私に与えてくれた「カラダ」。
私はそこに、魂となる息を吹き込む使命をいただいた。
タネーのように・・・

*****************
kia ora!

昔々,世の中には母なる大地と、その真上に横たわる父なる空、
そしてその間に子どもたちの神々がいました。
ある日,神々はこの世の中に人間の存在を必要と感じました。
そこで神々は話し合い,人間を創るには光が必要だという結論に至りました。

光を創るにはどうしたらよいか?
それはやはり、母なる大地と父なる空を離さなければなりません。

そこで戦いの神が、一番強い神だということで、大地と空を離す役割を自薦した。戦いの神は一生懸命,力を振り絞って努力しました。でも、力づくでは大地と空を離すことは出来ませんでした。
神々は困りました。
一番強い戦いの神ができなければ、誰ができるのか?

そこで森の神,タネーが言いました。
「私がやってみましょう」
タネーは背中を母なる台地に当て,足を父なる空に当て,力づくではなく、心を愛と平和の気持ちでいっぱいにし、やさし〜く押しました。そうしたらなんと、大地と空が離れ,その瞬間に世の中は光で満ち溢れました。
神々は大喜びでした。

次にタネーは土で人間の形を創りあげました。
それは女性の人間でした。
しかしそれはただの人間の姿をした土の固まりでした。
タネーは母なる大地に相談しました。
「母よ,この人間に命を吹き込むにはどうしたらよいのでしょうか」

母なる大地はこう答えました。
「その人間の手をやさしく両手でとり、鼻と額を合わせ,ひとつの呼吸を共有しなさい。そうしたらその人間に命が生まれます。」

タネーは母なる大地に言われた通りにしました。
そしてこの世の最初の人間,女性の人間、が生まれたとさ。


マオリ族の挨拶は今でもこのように、両手を取り、鼻と額を合わせ、
一呼吸を共有して行われています。最後に自分の言葉で「ありがとう」
と言います。マオリ語ではこれを「kia ora」と言います。


マオリ族の文化では、身体は聖なるものです。その聖なる身体の中でも、頭が最も神聖な所です。
人に挨拶する時は、自分と相手の一番聖なる所を合わせ合い,互いに敬意をしめすのですって。
*******************

私は稽古やリハーサルをする度に、勘さんが作ってくれた土の「形」に命を吹き込もうと必死にもがいた。今までは心から込みあがって来た「気」を身体を通して即興で表現するという流れの舞が大多数だったせいか、本当に苦労した。でも本番になって、やっと、やっと、小さな息を吹き込みことが出来た。

それも、気が付いたら、なんという産声!!
押さえ込んでいる自覚も全くなかった感情が、舞を通して外界の空気に触れた。そして、「オっっっギャ〜〜〜〜!」

それからの私は、それまでの私と何かが違う。
今は壊れかけている気持ち。
ある意味、死にかけている気持ち。
しかも、物凄い速度で。
自分では制御し切れないほど。
でも、今回はいつもと違う。
いつもはどこかから「コントロールしないと!」という声が叫び、
表面にはわずかな波紋しか表れない程度で押さえられる。
でも今回は、「とりあえず壊れるとこまで壊れてみよう」という、
妙に落ち着いた、焦りに流されるのではなく、流れに寄り添う声が
私を包んでくれている。
一旦死なないと再び生まれることもできないしね。

それから私の中は竜巻。
物事を恐ろしくかきあげて撒き散らす外側。
そしてカオスに囲まれているからこそ静寂な内側。
この内側が恐ろしく感じるのは、今までは避けていたことだから、感じたことの無い感覚だからなんだろう。

やっと生命をもらった息が、本気で生きようとしている。
でもそこには今までの、生きているつもりで生きている夢を見ていた私もいる。

これからいったい、どうなっていくのだろう?
やっぱり、怖い。
でも、恐怖や苦しみと感じるものに対する反応も、少しずつ、変わっていてる。
怖いから離れるのではなく、怖いからその間っ中心に向かっていく。
恐怖と手と手を取り合い、鼻と額を合わせ、一呼吸を共有する。

そこに次の段階への答えがあるような気がするから。


| my life(舞い人生) | 02:25 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
吟醸舞踏「蔵造り」 〜 1月の公演の予定
新春舞踏公演 第3回 高砂BUTOH協同組合

    ☆吟醸舞踏「蔵造り」


100年の歴史のある酒蔵で踊る舞踏。古い酒蔵で見る夢は?
酔夢には悪夢、快夢、幻夢、現夢、真夢あり。
酒蔵と踊りと幽玄な音の醸す夢の響宴のひとときをご一緒に如何ですか?
播磨の風土を呼吸する土着を大切に踊りたいと思っています。(きよこ)


2005年1月15日(土)開演午後5時30分

場所:「灘菊酒造 西の蔵」(Tel. 0792-85-1737)
    http://www.nadagiku.co.jp/
姫路市手柄1丁目121番地 灘菊酒造内
山陽電鉄「手柄駅」より徒歩5分
JR・山陽電鉄「姫路駅」南口より徒歩25分

入場料:3000円 食事つき70名様先着順 ※完全予約制
予約・問 090-4496-2494(山本)


演出: 桂 勘
音方:ty agano (サウンド・アーキテクト)   出口煌玲(横笛)  
     森定道弘(コントラバス)
舞方:きよこ マサト 青山峰子 Christina Mantey 後藤由美子 
     miki lyn taylor 山下敬子 荒川幸子 牧 桃子 他


連絡先:高砂BUTOH協同組合 山本清子(0794-43-1740)
MAIL:butou-ky@mwb.biglobe.ne.jp
| my life(舞い人生) | 08:17 | comments(6) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
11月、大阪界隈での公演予定
『仮面舞踏』
アーチスト仲間が創った仮面を使って舞います!

日時:11月20日(土)18:00頃〜 (展示は13:00〜21:00)
料金:無料
出演:miki lyn taylor(舞)obscure film(音)土井のり子(仮面)
会場:Kinema Gallery 
   神戸市兵庫区新開地4-6-17 新開地キネマ横丁内
   神戸高速「新開地駅」東8番出口より徒歩約3分
TEL: 078-576-1218
url: http://www.shinkaichi.or.jp/

『BIG APPLE 15周年記念ライブ〜Magical Dance Gear by All Stars』
モダンやコンテンポラリーダンサーを中心に、私だけぽつりと舞踏家(?)。ダンサーもミュージシャンも、オール・スターなメンバーが勢ぞろい!ミュージシャンの中にはサックスやラップトップ、インドの笛・バンスリー、エレクトロニカや石笛など、眼も耳も思う存分に楽しめるイベントになりそうです!

日時:11月27日(土)一部16:00〜19:00 二部20:00〜23:00
料金:一部or二部のみ 前売¥2000 当日¥2300
    一部&二部  ¥3000
出演:(一部ダンサー)越久豊子・井口明子・小谷ちず子・田岡和己・
           ミキ.リン.テイラー・三好直美・長谷川哲士
(一部ミュージシャン)大谷安宏・小島 剛・清野拓巳・只津敦庸・HIROS・
           福西哲唯
   (二部ダンサー)小谷ちず子・斉藤瑞子・ミキ.リン.テイラー・
           サイトウマコト・長谷川哲士・村上和司
(二部ミュージシャン)石上和也・大谷安宏・只津敦庸・福西哲唯・
           山本公成
会場:KOBE LIVE SPOT  BIG APPLE
〒650-0003 神戸市中央区山本通3丁目14-14ト-アハイツB-1
JR、阪急、阪神「三ノ宮駅」から徒歩13分〜15分。トアロードまで出
   て、まっすぐ北に上がります。(urlで地図参照)
TEL: (078) 251-7049
url: http://www.bekkoame.ne.jp/i/big-apple/



『観月際 Moon Light Celebration』
約一年振りの藤條虫丸プロデュースの大阪公演です!「えにし庵」という、昔ながらの建築方で創られた木造の空間や虫丸さん独特の「天然肉体詩」、どちらも一度体験したらはまります!虫丸さん、虫丸弟子、そして虫丸仲間と一緒にあんま教室や動きのワークショップを身体で感じ、えにし庵の気持ち〜庭で繰り広げられる虫丸ワールドの舞いを眼で味わい、最後にみんな家族として卓を囲んで宴会!!!私も待ち遠しい、師匠との再会です。

日時:11月28日(日)
   15:00 椿庵のあんま体験教室 (椿野央師)
   17:00 旬をいただくお食事 (杜岡 遙) 
   18:00 冬月の月光LIVE        
   終演時に懇親会あります(カンパ制)
料金:前売¥3000 当日¥3500 (食事代込み・屋久島の流木付き)
出演:藤枝虫丸(天然肉体詩人)、福本卓道(尺八)、南澤靖浩(シタール)、
    山本公成(サックス)、HIDE190(ディジュリドゥ)、他 月光楽団、
    坊内由香、平松麻衣、miki lyn taylor、鳴海姫子、たいち利枝、
     金亀伊織、JUN、他 The Physical Poets
会場:野外能舞台併設アートスペース 「えにし庵」
   大阪府四条畷市南野2-6-3
   JR学研都市線「四条畷駅」より徒歩約15分。四条畷神社方面へ参道を直進、
   飯森ハイツ前で左折、道路右側の白い側溝沿いに歩く。
TEL: 090-4799-7892(金亀伊織)
   0997-45-2801(虫丸事務所)
   072-862-2292(当日のみ)
藤枝虫丸url:http://members.at.infoseek.co.jp/mushimaruoffice/annnaihtm.htm
11月23-24日も名古屋の七ツ寺共同スタジオで虫丸主催の公演予定してます!


上記の問い合わせで分からないことがありましたらこちらのコメントに書き込んでください。よろしくお願いします! See you there〜
| my life(舞い人生) | 03:34 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
  • 1/1PAGES